外国人による不動産投資の積極化~外資系不動産会社による日本投資の加速

朝日新聞デジタルの記事で、「ジョーンズ ラング ラサール株式会社日本は33%増(円建て54%増)の106億ドル 今年注目の市場に」と 言う記事が出ていました。

 

 

 

簡単に言えばグローバルな不動産投資の会社であるジョーンズ ラング ラサール株式会社が世界的に不動産投資を増加させたという 事ですが、取り分けアベノミックスで注目の日本への投資が増加したそうです。

 

 

アジアでは、東京、香港、上海、シンガポールでの投資を積極化したそうです。

 

 

朝日新聞デジタル記事 http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/PRT201305160029.html

 

 

なるほど、そういうわけで外国人の個人も活発化してきたのかと合点がいきました。

 

 

しかし、こういう記事は額面通りに読んで喜んではいけません。資金の出し手が外国人ばかりとは限らないからです。

 

 

実際の資金の出しては日本の機関投資家からの拠出の可能性もあります。もちろん、誰が買おうが需要が増加すると価格は上昇する のですが…


Posted in admin
カテゴリー: みなとアセットマネジメント株式会社, ブログ, 不動産投資, 不動産投資―海外情報, 信託受益権ファンド物件, 向井啓和, 向井啓和 意見

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

外国人による不動産投資の積極化~外資系不動産会社による日本投資の加速”のトラックバックURI

不動産投資ブログについて

  • このブログはみなとアセットマネジメント株式会社が運営しています。
  • 記事に関するお問合せは各記事のコメント欄にご投稿ください。
    不動産投資のご相談、特定の物件に関するお問合せはこちらをご覧ください。
  • 執筆者プロフィールはこちら
    (オールアバウト専門家ページにジャンプします。)
  • twitterはじめました
    minato_assetをフォローしましょう

カテゴリアーカイブ