不動産投資とは異なる、メガソーラーの税務メリットとデメリット

不動産投資の関連でメガソーラーに関しても少し研究をしておりましたが、私、向井啓和が明日現地を見てきます。

 

 

 

メガソーラーの税務上のメリットに関しては税理士の友人から前から聞いており知っていました。ただ、長期にわたる投資であり、 不確定要素がかなり多いので食わず嫌いとなっていました。

 

 

税務上は取得価額の7%の税額控除が可能であるというのが一番のメリットに思えます。

 

 

他に、取得価額の一括償却などがあります。

 

 

今期利益の出ている法人、出そうな法人はメガソーラーを取得して税額の削減や税の繰り延べを得ることができます。

 

 

そして、メリットとしては20年間の政府買取価格の保証があります。通常の不動産投資の様に空室率を長期に亘って気にする必要が ないからです。

 

 

と、メリットばかりが先行しますが、実はデメリットや将来の不確定要素があります。

 

 

 

1. 銀行融資が付きづらい若しくは金額が伸びない。

 

 

2. 発電が阻害される要因が懸念される。例えば、埃や鳥の糞などのパネルへの汚れは発電効率を低下させる。

 

 

3. 見積もり額と実際に掛かる費用のかい離が発生する可能性がある。

 

 

4. 運用会社が長期的に管理して行けるか保証がない。もし、運用会社が倒産等した場合に状況が一変する。

 

 

5. 固定資産税や地代等の固定コストがどの様に設定されているか不明である。

 

 

6. 不確定な災害や損害等への対応や保険のカバレッジが不明である。

 

 

 (例えば、火山噴火等の場合はパネルに火山灰が積もるのみならず、パネルを損傷する可能性がある。) 

 

 

 

 

全てのビジネスや投資が不確定要素をマネージする事ですので、取れるリスクなのか、取れないリスクなのか現地を見てくるつもりです。


Posted in admin
カテゴリー: みなとアセットマネジメント株式会社, ブログ, 不動産投資, 不動産投資と税金, 向井啓和, 向井啓和 意見, 自分年金

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

不動産投資とは異なる、メガソーラーの税務メリットとデメリット”のトラックバックURI

不動産投資ブログについて

  • このブログはみなとアセットマネジメント株式会社が運営しています。
  • 記事に関するお問合せは各記事のコメント欄にご投稿ください。
    不動産投資のご相談、特定の物件に関するお問合せはこちらをご覧ください。
  • 執筆者プロフィールはこちら
    (オールアバウト専門家ページにジャンプします。)
  • twitterはじめました
    minato_assetをフォローしましょう

カテゴリアーカイブ